部屋探しで重視

みなさん部屋探しで重視しているのは何ですか? 間取りや日当たりも気になりますが、立地条件も気になりますよね。駅やコンビニやスーパーなど、生活に欠かせない施設は徒歩圏内かチェックする人も多いのでは? 

ちなみに 近隣にあったら うれしい 施設と問われて、回答の多かった順を並べると

1位 スーパー     2位 コンビニ     3位 本屋     4位 図書館     5位 郵便局      となるそうです。

 

ライフコア笹口・駅南は 徒歩10分圏内に上記施設が在ります。

2011年09月16日作成 カテゴリ: その他, 転勤に関して(情報)
関連タグ:

人事異動

9月を迎えた途端に、不動産やさんから空室の問い合わせが多くなりました。

9月~10月は例年、会社等の定期人事異動(慣例的に定期という意味です)の時期です。インターネットで「人事異動」と検索すると、公官庁の移動掲載を目にすることができます。賃貸マンションを運営する側にとっては空室が増えたり、減ったりで神経を尖らせなければならない時期です。

今のところ、ライフコア笹口・駅南・東明 の入居者から定期異動による転出連絡は入っていませんが、安穏としていられる訳ではありません。よくあるケースは、10月を迎えてから、「定期異動で・・・・」という連絡を受ける事があるからです。

常に、満室に近い状態で管理運営する為には、入居者 ・ 不動産業者 ・ 入居希望者 ・ さん 達から評価を受けていなければなりません。その為には如何したら良いのか ? という事です。     日々の努力を継続していく事(ホームページ上で掲載し行動している事)で 今日評価を得て??  満室経営を継続させて頂いていますが、その事に甘んじづ、さらに研鑽し行動していく事が重要と、私は考えております。

 

余談ですが、日々の日課で、夜明けとともに起床し、その後には1時間程ジョギングを行っていますが、本日は、時折足を止めては、近隣の賃貸マンションの入居率・管理状況・等を調べるように眺めてきました。他の経営状況が気になるのも事実ですが、良い点があったら受け入れようというのが趣旨です。見て回っているうち、入居率の云々の集合住宅にはそれなりの理由があり、それが如実に反映されている事を目の当たりにしてきました。

2011年09月14日作成 カテゴリ: 転勤に関して(情報)
関連タグ: ,

ライフコア駅南 入居者募集

新潟駅から徒歩圏の好立地 中央区笹口にある、賃貸マンション ライフコア駅南の最上階の一室                                                                                                                                                             法人契約の 1003号室が                                                                                             転勤で(震災で転勤が延期になっていたのですが、                                                                        転勤先の仙台が落ち着きを見せ着任できるようになったそうです。)                                                               本日(4/30) 空室(退去)になりましたので、入居者を募集します。                                                              即入居でる程、 お部屋を 丁寧に使って戴きました。とても綺麗な部屋です。                                                                                                                     

 玄関 下駄箱  収納カウンター式 システムキッチン部屋全景ウォークインクローゼット照明  エアコンtoto ウォシュレットユニットバス室内洗濯機置場シャンプードレッサー

・お問い合わせは                                               タイセイプランさんにお願いします。

2011年04月30日作成 カテゴリ: ライフコア駅南(物件紹介)
関連タグ:

お部屋紹介(笹口803号室)

CIMG1120CIMG1109CIMG1110CIMG1112CIMG1115CIMG1116CIMG1114CIMG1118CIMG1119CIMG1117

2011年03月17日作成 カテゴリ: ライフコア笹口(物件紹介), 部屋
関連タグ:

ライフコア笹口504号室 

CIMG1059CIMG1060CIMG1061CIMG1062CIMG1063CIMG1066CIMG1067CIMG1069CIMG1064CIMG1065CIMG1068

2011年02月25日作成 カテゴリ: ライフコア笹口(物件紹介), 部屋
関連タグ:

転勤の内示と辞令はいつ出る?

新しい年を迎えたとたんと言っていいのか? 私の集合住宅だけなのか?                                                                    1月に転勤で退去が2件続き、2月もまた1件の転勤退去があります。                                                                       例年この時期は大々的な定期異動の時期で止むを得ませんが、                                                                      満室経営を続けてきたがゆえに、内心穏やかでなく、好ましくない時期を迎えています。

転勤の内示と辞令はいつ出るのでしょうか?                                                                                       どれくらい前に知らされるかは、会社により大きく異なります。                                                                                 平均的には約1ヶ月前くらいに転勤の内示が出る、と言われています。                                                                   通常の会社では毎年4月に行われることが一般的で、転勤の直前頃に                                                                               正式な「転勤辞令」が発行され、3月中に転勤をしする例が多く、                                                                                   4月から業務開始、と言うのが一般的な流れのようでが、                                                                                        昨年の3月以降、定期異動の状況が少し変わってきたように感じてなりません。

転勤の流れは、会社により大きく違います。                                                                                                一般的な転勤の風潮が削減され、会社存続の為の必要手段は必要に応じ繰り出す、                                                                      その様な会社増えたような感じがしてならないのですが?

生き残りをかけ、住み良い住環境提供を継続し、定期異動の時期を終えた時点でも                                                           満室経営の継続を目指して日々の努力を継続していきます。

2011年02月04日作成 カテゴリ: 転勤に関して(情報)
関連タグ:

ライフコア笹口 503号室 

CIMG1042CIMG1043CIMG1044CIMG1045CIMG1046CIMG1050CIMG1048CIMG1047CIMG1049

2011年01月16日作成 カテゴリ: ライフコア笹口(物件紹介), 新着情報, 部屋
関連タグ:

転勤とは何か?

ライフコア駅南で法人契約で借りて戴いていた部屋の退去立会いがあります。                                                                 退去連絡は1ヶ月前の11月11日に連絡を頂いており、契約期間は12月21日までとして頂いており、さらに、12月23日には、次の入居者の入居も決めて戴いており、満室経営を継続させて戴いております。

転勤をする、という事実をどれくらい前に知らされるかは、会社により大きく異なりますが、平均的には約1ヶ月前くらいに転勤の内示が出る、と言われています。                                                                                                            ところで、転勤が行われるのは、定期異動のタイミングが多いと言われています。                                                                                定期異動というのは、その名のとおり、定期的に部署異動が行われる仕組みで、通常の会社では毎年4月に行われることが一般的ですが、今年の春先の異動から、                                                                                                         転勤の流れは(会社により大きく違いますが)、独自の定期異動が多くなってきているように感じています。不動産業者さん数社に聞いても同じような回答を得る機会が増えてきました。

管理物件のもう一つ、ライフコア笹口 も、現在満室経営を継続させて戴いておりますが(こちらの方も法人契約で借りて戴いている部屋が多くあります) こちらも、1月の異動の連絡がすでに来ています。                                                                                                   ライフコア笹口はファミリータイプの部屋作りが多く、家族帯同赴任の家庭が多く、その1世帯より連絡がきています。募集は退去後に行いますが、転勤の話を受けた奥さんのはなしより、転任先は故郷への辞令で、話しをいていて「オメデトウございますと言っていいのかな?」と問うと 嬉しそうな声で「 ハイ 」と応えてくれました。

転勤は、会社を運営していくうえで、重要なものとして考えられています。                                                                 大企業においては、転勤で地方勤務を体験していることを部長・役員等への昇進の条件、としているような会社さえもあるくらいです。会社員をしている以上、転勤は避けられないもの、と考えたほうがいいかもしれません。

2010年12月10日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ: ,

お部屋探しマニュアル

1.部屋の条件絞り。                                                                                                「駅から近くて、広いリビング、オートロック・・・・築浅物件!」。条件のよい物件は家賃もそれなりに高いのが一般的です。たいていの人は100%希望どおりのお部屋というわけにはいきません。                                                                                         2.ライフスタイルから大まかな条件を決める。                                                                                  最初に、自分の生活サイクル、趣味を考えて必要な条件を見つけます。
例えば、料理が趣味ならキッチンの使い勝手の良い部屋、とにかく通勤ラッシュがダメな人は会社からできる限り近い場所、休日を優雅に過ごしたいという人は日当たりがよく広い静かな部屋という具合に、                                                                                         ライフスタイルから条件を決めていけば毎日の生活にピッタリあったお部屋を見つけることができます。また、譲れる条件も同時に見えてくるはずです。主に車で移動する人なら駅から近い必要はないはずだし、料理をしない人はキッチンよりも居室を広く取った方が生活しやすい。譲れる条件はあればあるほど家賃は安く抑えられるので、なるべく多く見つけておきましょう。                                                                               3.より具体的に条件を絞る。                                                                                              より具体的に物件の条件を絞ります。それぞれ、                                                                                                  家賃が高くなっても必要な条件なのかそうでないのかを考えなければなりません。                                                                           駅徒歩分数・・・近い!と思うのは徒歩5分、苦にならないのは15分以内が目安。                                                                           その他の条件                                                                                                  間取り・・バストイレ別・・洗濯機置場の有無・・給湯の有無・・2階以上・・向き南・・角部屋・・マンション・・築年数・・ペット可

4・実際にお部屋を探す。                                                                                           インターネットや情報誌で物件を探してみましょう。                                                                                 ネットや情報誌で「これだ!」という物件を見つけたら、なるべく早く不動産会社に問い合わせをしましょう。タッチの差で他の人にとられてしまうこともあるので、電話やメールでの確認は必ずしておきましょう。                                                                                  有効な手段の一つとして不動産会社に探してもらい、紹介される物件の中で決めてしまうのも手です。特に、沿線の知識や街の情報にも詳しいので、この予算ならどこに住めるかなど、貴重な情報を得ることもできます。

5.下見での確認箇所は?                                                                                          物件の雰囲気をチェック!・・・・・・なんとなく薄暗い、じめじめしている、すごく綺麗だった、天井が高くて広々していたなど、「印象」をしっかりチェック。物件周辺に騒音、ニオイを発するものがないかなどもチェック。                                                                       日当たりをチェック!・・・・・・お部屋の窓は全て開けて窓から外をチェック。                                                                      できれば方位磁針で正確な向きを確認しましょう。                                                                          設備の使い勝手をチェック!・・・・・・・水周りの設備は図面でわからないことが大。キッチンの使い勝手、エアコンの新しさなど、実際に目で見て判断しましょう。また、「携帯電話は通じるか」というのも重要なポイントです。                                                                    住人のマナーもチェック!・・・・・・賃貸住宅は基本的に共同生活。マナーの悪い人が隣に住んでいたりすると思わぬトラブルの元に。共用廊下に物が散乱していないか、車の趣味なども参考に。

 

2010年11月18日作成 カテゴリ: その他, 新着情報, 転勤に関して(情報)
関連タグ:

全国の貸家の空室率は18.7%

平成20年の全国の物件の空室率は18・7%。                                                                                つまり5件に1件は借り手がつかない状況なんです。                                                                                        そのため、特に条件に難のある物件では、礼金をゼロにしたり、                                                                       家賃を数カ月間無料にする『フリーレント』にしたりと、                                                                                   大家側も様々な手段で入居促進を図っています」借り手にやさしい仕組みが増えているように見えますが、                                                                                    「長期的にどの物件が安上がりか」は分かりづらくなっています。

                                                             

 

「不動産屋さんが一押しの物件」                                       ご存知ですか?    それは、                                                                                   住み易く(隣人関係良好・至便・防犯)、                                              リーズナブル と判断され、                                                              自然と満室になる物件です。                                              紹介する側は、安心・安全・トラブル無し                         を知っており、奨めやすく、                                              管理がしっかりしている為、入居後は、                                              双方に有益な事を知っています。