血液型 A型

血液型による免疫力の差が、性格の違いを生み出していったのです

気遣いを忘れない、協調性重視派。
糖尿病や心筋梗塞などの生活習慣病をはじめ、ガンや結核など、とにかくいろいろな病気にかかりやすいのがA型の傾向。伝染病を人にうつさないために周りの人に対してこまやかに気遣い、生活習慣病をストレスで悪化させないために周囲と協調する性格に。A型のルーツ・農耕民族の仕事に、種まきや収穫のタイミング、天候の確認など、几帳面でなければこなせないものが多かったことも見逃せないポイント。

2010年05月28日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ:

血液型 B型

血液型による免疫力の差が、性格の違いを生み出していったのです人は人、

自分は自分。気ままなB型。
4血液型の中では2番目に免疫力が高いB型。一方で結核や肺炎、サルモネラ菌の食中毒にはかかりやすく、結核にいたってはO型に比べて10%も感染率が高いという結果も。そんなところから、感染を恐れて人の輪に入ろうとせず、人の目よりも自分の価値観を優先する、オタク気質に。枠にとらわれない自由奔放な性格は、インドやウラル地方の遊牧民族から始まったという、B型の起源にも影響されている。

2010年05月28日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ:

血液型 O型

血液型による免疫力の差が、性格の違いを生み出していったのです

体力なら負けない! 開放的な性格。
免疫力が高く病気にかかりにくいため、チャレンジ精神に富んだ性格が特徴。ただし、コレラやペスト、病原性大腸菌など、O型物質を多量に含む菌体には抵抗力が少なく、他の血液型に比べて感染率が高い。自己主張が強く積極的なO型の祖先は、狩りをして獲物の肉を食べる狩猟民族。10万年ほど前にアフリカで誕生したホモ・サピエンスは全員がO型だったといわれ、ハンター気質の人類最古の血液型でもある。

2010年05月28日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ:

血液型 AB 型

血液型による免疫力の差が、性格の違いを生み出していったのです

免疫力が低く、人と距離をとる一匹狼。
最も免疫力の低いAB型は、農耕民族(A型)と遊牧民族(B型)との混血から生まれた血液型。この血液型の人はインフルエンザなどの感染症にかかりやすいため、多くの人と会ったり話したりすることを避けてしまいがち。歴史的には、梅毒の流行でAB型人口が減少したこともあり、肉体的な接触にもやや抵抗がある。自らの身を守るため、他人に対して疑い深く、内向的な性格が完成したのだとか。

2010年05月28日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ: