<全日本大学野球>

全日本大学野球選手権は8日、神宮球場と東京ドームで開幕し、1回戦8試合を行った。4度目の出場となる北大は四国学院大を破り、旧帝大勢として初勝利を挙げた。13年連続出場の東海大は白鴎大に八回コールド勝ちし好発進。佛教大は先発したエース左腕、大野雄(4年・京都外大西)が東北福祉大を2安打完封。東日本国際大は延長十二回の末に、福岡大を破った。

 広島経大は延長十回、伊藤(4年・瀬戸内)の適時打で三重中京大にサヨナラ勝ち。金沢学院大は大院大との打ち合いを制した。中央学院大は秋吉(4年・足立新田)の好投で九州共立大を破った。桐蔭横浜大は、愛知学院大に競り勝った。 

九州共立大(福岡六)

000000000◆0

00011000X◆2

中央学院大(千葉)

(九)川満、大瀬良-対馬(中)秋吉-佐藤▽本塁打 遠藤(中)

2010年06月09日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ:

Comments are closed.