風邪をひいている時の入浴はあり?

風邪っぴき時の「入浴NG」は日本だけの習慣

季節の変わり目だからなのか、風邪をひいてしまいました。
お風呂を控えなければならないのでしょうか?子どものころ、風邪をひくたびに「今日はお風呂に入っちゃダメよ」なんて母親から言われたものですが、大人になった今もその教えはちゃんと習慣づいています。
…でもこれって、一体なぜなのだろう? 考えてみれば、医学的な根拠というのは意外と知られていません。
「じつは、風邪をひいている時に入浴を控えるというのは、日本特有の習慣なんです。入浴してはいけないという医学的根拠はあまりありません」
なんと! これもまた、まことしやかに伝えられる“迷信”のひとつだったのです。しかし、完全な眉唾(まゆつば)というわけでもない様子です。「これは風邪にかぎりませんが、高熱が出ていたり、強い悪寒がしたり、全身がだるかったりする状態での入浴は、やはりお勧めできません。入浴は体力を消耗しますから、それによって症状が悪化したり脱水になったりすることがあるのは事実ですから」

つまり、風邪っぴきには風邪っぴきなりの入浴作法があります。                                                                    次のような注意点を挙げる。
「まず、長風呂は体力を激しく消耗させるので避けてください。汗を流したいのであれば軽くシャワーを浴びる程度で済ませるのが無難です。また、症状に頭痛をともなっている場合は、入浴によって脳への血流が促され、さらに頭痛を深刻化させることもあり得ますから、冷たいタオルで頭部を冷やしながらお湯に浸かるなど、工夫するといいでしょう」
病気の時こそ全身を清潔に保っておきたいもの。上手な入浴で気分をリフレッシュさせ、その後は体を冷やさないように配慮しつつ、しっかり水分補給を。
でも一番大切なのは、風邪をひかないよう普段からケアを怠らないことです。

2010年09月24日作成 カテゴリ: 新着情報, 管理速報(日々)
関連タグ:

Comments are closed.