賃貸経営

賃貸経営は、不労所得・建てればバラ色の老後の確定、のように思う人達が多いようです。 現に、建設会社の口車に乗せられて、賃貸経営のノウハウを持たない人達が飛びつき過ぎたようです。その結果、新潟県の賃貸住宅の2割は空室だそうです。 

 

空室を作らない有効な手段

空室を作らない有効な手段で最も良い方法をご存知ですか?   ・・・・・・何といっても  退去者を出さない事です。 

入居希望者は入居の可否に関して よく調べ 慎重になってきています。不動産業者さんをタクシー替りに十数件の物件を内見するのも当たり前になりつつあるようです。( 不動産業者さんは自己防衛のため 対応策を講じるなければなりません )

賃貸経営を営む立場に置かれた状況は入居申込を請けるのが、難しくなっているに加え、何かあれば直ぐに転居( 退去 )されてしまいます。  通風や騒音等(住人間のトラブル)、物件自体の問題で転居(退去)していく人は結構いるそうです。

戦線恐恐とした状況下で、利益の出ない経営を余儀なくされ 継続して いかなければならない時代です。

それを、打開するには、退去者を出さない事です。入居者の満足度を高め住み続けて頂くことです。

その為には 掃除や環境の充実を常に心掛けて、トラブルには迅速に対応することです。

 

2011年11月02日作成 カテゴリ: その他

Comments are closed.