賃貸住宅フェア2013 in 名古屋

私のお金感  について
・・・  ・・・
生きていく   上において、  お金は  必要不可欠です。
私、 それなりの  人生経験を積み、   今日を迎えて   おります。
大金持ち  とまではいきませんが、   日々の生活に
それなりの余裕が  ある状況に  辿り着きました。
ところで、私の年収ですが、   多いと感じる方が     おられると   思いますが、
同世代の    サラリーマン   に比べると    かなり   低い金額になります。
平成10年に、上場企業を退職して、Uターンを しましたが、
その時の年齢は36歳でした.    当時は  歳相応の  平均年収の  ようでしたが、
現在は、代表取締役の肩書が   あるにも係わらず、
上場企業に  勤めていと時    今から14・5年前の     8掛けです。
金額が少なくとも、   やりくりしながら    好きなことやって
生活しながら、   徐々に貯金が出来きる    この状況が、  ストレスも少なく、
私自身に    一番合っているように    感じてならないのですが?
今の   状況から、   野心を抱き、   収入を  さらに増やす事は、  可能ですが、
金の為だけに   多くを犠牲にする事を   私は好みません。
自分と向き合い、  将来どのように   生活して   いきたいか、
どれだけ   お金が必要かを   自問自答すると
それ程の   高望みが   無い事に    気づきます。
・・・  ・・・
世の中には、  人と関わることが、  好きな人と、  嫌いな人が   存在しますが、
利益を生み出すには、    知性を使って、   お金が   うまく   回っていく
仕組みを  考えなければ  なりません。
人と関わり、  入居者 ・ 取引先にとって  プラスになることを   常に考えて
いかないと   利益が   付いて    きません。
事業存続の理由から、  儲けを   出さなければ     ならない訳ですが、
私にとって、  賃貸経営業は   「好きなことで  稼ぐことが  できる」  好ましい職業です。
好きな業で、    お金を  生み出しているので、
自然と   お金が入ってくる    という   好循環を   繰り返しています。
・・・  ・・・
空室を作らない有効な手段 について
空室を作らない有効な手段   で最も良い方法をご存知ですか?
何といっても    ・・・・・   退去者を出さない事です。
当たり前の事を  当たり前で   続けて下さい。
・・・  ・・・
生活の為に、知恵を使い、体力を使いながら日々を送り、
未来を想像し、長期的な視点で自分の力となる情報を仕入れ、
データを論理的に組み立て、戦略を描く能力が必要です。
賃貸経営は、何よりも、人と接する事業である為、
人間性を向上させ、入居者から支持を得ないと、利益を生み出せません。
賃貸経営は、不労所得ではありません。
商売と認識して、取り組まなければなりません。
2013年09月05日作成 カテゴリ: 転勤に関して(情報)
関連タグ:

Comments are closed.