賃貸住宅フェアin名古屋

昭和60年3月 中央学院大学 商学部商学科 を 卒業し、
絶大なるコネクションの基、地元の食品会社に就職しました。
勤め始めてから5年目のある日、何気なく新聞の求人覧に目を向けると、
大きな、募集広告を出している会社が目に入りました。
1部上場の総合塗料メーカーと言う会社でした。 安易に応募したところ、
会社側から歓迎を受けたので、 お世話になる事に決めてしまいました。
縁があったけど、全くコネクションの無い塗料メーカーに転職した訳です。
こちらの会社には、平成10年9月まで お世話になりました。
雇って頂いた間に、 営業としての 能力を身につけさせて戴く と共に、
転勤族として  千葉・神奈川に、移り住まさせて頂きました。
この間に習得したいろいろな知識・情報が、 今日の満室経営に繋がっています。
しかし、稼業を継いだのは、平成20年3月からです。
その間、どの様な日々を過ごしてきたかというと
平成10年10月からの1年間は失業保険等で、就業せづの日々を送っていました。
その後、収入を得るために、幾つか会社を訪ね歩く事になる訳ですが、
時には、   数年間、 昼間  ペンキ職人をこなし、
夜間 運送会社の仕訳という重労働を 掛け持ちでこなした時期もありました。
ガソリンスタンドで    収入を稼ぐ    という   労働も   数年間こなしました。
転職したものが 陥る ワーキングプアの境地を ひしひしと 体感してきました。
この時期に、かなりの精神力を備え付ながら、
波乱万丈の日々を10年間 送って来ましたが、
平成20年3月に、稼業を継ぐ事になる訳です。
2013年09月05日作成 カテゴリ: 転勤に関して(情報)
関連タグ:

Comments are closed.