賃貸住宅フェアin名古屋

「空室を作らないために」  について、
・・・  ・・・
ここで、  新潟に係わるお話を一つ披露させて頂きます。
新潟というと、  有名な物も  幾つか  ありますが、
ある漫画家の  マンガ  の事を  お話させて 頂きます。
赤塚不二夫先生  についてです。
赤塚不二夫先生   といえば  新潟にも  関係があります。
お父さんが新潟の人で、
赤塚不二夫先生自身 14歳から18歳まで  新潟で過したそうです。
中学卒業後、 新潟のペンキ屋さん に働き  その後  トキワ荘へ行き
マンガ家で  成功を  収めた  という  お話、  有名ですよね。
私、 数年間   ペンキ職人をしていた時代があります。
ペンキ職人 の共通点もある  赤塚不二夫先生の
あるマンガを   生活の中に  取り入れています。
何のマンガ  だと思います。
答えは    天才バカボン   です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私が  生活の中に   取り入れて  いるのは、
レレレのおじさん  に  徹していると言う事です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レレレのおじさん  に  徹している  と言う  理由は。
退去者を  出さない  ために  重要なことに  つながる  からです。
それは、   入居者との コミュニケーション の取り方に  繋がります。
私、 毎日  朝7時半から、  ほうきを  もって、    ☆ ★ ☆ ★
「 お出かけですか ☆★☆★ レレレのレ~」
とは、 言いませんが、「 おはようございます 」 「 言ってらっしゃい 」 の
コミュニケーション   を   図っています。
この時間帯は、  ほうきを   もっても
レレレのレ~で     掃除を  していない  のが実情です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レレレのおじさんは、 黄色い服装で目立ち、存在感があります。
私は、 いつもの時間に  いる事が  大きな意義があると確信して
同じ行いを継続しています。
朝のコミュニケーション・・挨拶ですが、繰り返し、継続すれば
私と顔を合わすだけで、 入居者に安心を与える?
信頼関係に 繋がると  私は  思い   込んで継続しています。
「 実際朝だと、何か不具合があったときに、聞いておけば、その日のうちに
手配  できてしまうので  早期解決できる  メリットも  あります。」
2013年09月05日作成 カテゴリ: 転勤に関して(情報)
関連タグ:

Comments are closed.