血液型 AB 型

血液型による免疫力の差が、性格の違いを生み出していったのです

免疫力が低く、人と距離をとる一匹狼。
最も免疫力の低いAB型は、農耕民族(A型)と遊牧民族(B型)との混血から生まれた血液型。この血液型の人はインフルエンザなどの感染症にかかりやすいため、多くの人と会ったり話したりすることを避けてしまいがち。歴史的には、梅毒の流行でAB型人口が減少したこともあり、肉体的な接触にもやや抵抗がある。自らの身を守るため、他人に対して疑い深く、内向的な性格が完成したのだとか。

2010年05月28日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ:

Comments are closed.