管理運営にあたって

集合住宅の管理・運営にには、良い意味でのルーズさが必要と考えています。
何もかも几帳面にきっちりやろうとしても、きりがありませんし、
手間ばかりかかりすぎて続きません。                                                                                           ルーズにやるところとルーズじゃいけないところを切り分けることが必要です。

仕事のなかには、時間を決めて約束した仕事(立会い等)もあります。                                                                   いわゆる「アポイントメント」のことです。これは、実行時間がきっちりしている仕事。                                                          当然きっちり管理しなければなりません。
でも、それ以外の仕事はあまり細かく時間にこだわる必要はありません。
「適度なルーズさ」が必要です。
具体的には、
・ 何時何分にやるかとか、何時までに仕上げるかは、計画しなくてもいい

  でも、
・ 実行日は事前に決めておく

  というやり方が、最も効果的だというのが私の結論です。
(その日の中での)順番は事前に考えながらも、
細かい事は当日考えながら柔軟に対応します。
                                                            余計なストレスを抱え込まないように気楽に行います。
仕事量を適度に考慮し、少し長い目で見た仕事の進め方を心掛けています。

「時間管理」「タイムマネジメント」といった言葉があり、                                                                        細かくタイムスケジュールを立てるイメージがありますが、                                                                                                      私の場合は「そうしない方がいい」というのが、うまく続けていく秘訣だと感じます。

■ 仕事の優先順位
仕事の優先順位については、TPO を重視して行いますが、・・・                                                                                                                                       、
「やる」ことが確定しており、その実行日も決めているのなら、
そのことを最優先順位と考えて実行にうつします。                                                                                                                    

2010年11月05日作成 カテゴリ: その他, 建物周辺のメンテ, 建物本体のメンテ, 空室の定期清掃
関連タグ:

Comments are closed.