満室経営継続中

賃貸経営業で生活を支えるからには、満室が良いに決まっていますが、
是が非でも満室と拘っている訳ではありません。
その事ばかりに注力してしまうと  良からぬ方向へと進む可能性があるからです。
利益は  多いほうが  良いと言うのは、誰しもが思う事でしょう。
皆さん それぞれ、 利益追求の為に、  四苦八苦   している   訳ですが、
「的を射ている」 という人が、  意外と少ないのでは ないでしょうか?
皆さん 利益追求  利益を上げる為には?
利益 ・ 利益 ・ 利益  で視野が狭くなっているように感じます。
私の物件   「ライフコア駅南」 の状況をお話させて頂きます。
こちらの物件、平成18年竣工で、 平均家賃53,000円 共益費8,000でスタートしました。
ほぼ、満室経営で推移しましたが、平成20年に、満室に  ならないように  なってきました。
ある、不動産業者さんから、値下げしたら  如何でしょう  という話を受けた時期もありました。
採算性を考えた場合、  2~3部屋  常に空き   を抱えて居る位なら
2~3千円の値下げで  満室の方が 採算が合い   良い訳でしたが ・・・   確証が無い為、
安易な値下げ   と言う   方法は、  選びませんでした。
ここ数年、  満室経営が  継続していますが、
家賃60,000円  共益費5,000  で募集しています。
値上げにも  係わらず、 空いたとしても 直ぐに入居  申し込みを頂けます。
何故でしょうか?
入居希望者の  価値観や、潜在的ニーズを  細かく分析して、  提案していくと
値上げ しているにも 係わらず、 自然と  入居申し込みを  頂けるように成る訳でが、
「的を射た」 から、  結果が  付いて来たのです。
2012年05月22日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ: ,

Comments are closed.