満室経営継続中 (3)

今日は、 インターネットで情報が氾濫する時代です。
情報が  多すぎて  見つけられない  事に、  気づいている人は  どれ程いますか?
インターネットの盲点を   逆利用する事により、  勝機が生み出されます。
「もうけたい」 といった動機から  数値を設定  しているのでは  無いと言う事です。
入居者ニーズにピッタリな、間取り・設備で、  この賃料ならリーズナブルと思われるように
設定しているから入居申し込みを受ける訳です。
自然と  入居申し込みを   受けるシステムを  構築し続ける事が  重要で、
「的を射ている」 という事を コツコツと実践していくと
自然と 利益が付いてきます。
「ライフコア笹口」 の状況はというと、
こちらの物件、昭和60年竣工で築28年目を迎えているファミリー物件です。
今日、築古の3DK・3LDK物件の   人気が著しく  低下しています。
周辺の同規模物件の  家賃を調べて見てみると、
少しリフォームを  施した物件でも、65,000円程に   値崩れしているという状態です。
ライフコア笹口は、 退去が出るたびに、リフォームを行い、
平均家賃80,000円 で募集をかけていますが、
この値段設定が   「的を射ている」 らしく、
引渡しを受ける前に、入居申し込みを  頂くという   好循環を生み出しています。
理由は、リーズナブルと  思われるように  戦略を駆使  している訳ですが、
10万円の  家賃設定の部屋を造り  募集しても、  入居申し込みを頂けると   確信しています。
理由は、   それだけの情報収集を行った上で、
戦術を駆使し、ニーズに沿った  物件を作りあげているからです。
ここで、重要な事を一つ述べさせて頂きます。
それは、  入居者選定に当たってですが、  厳選している  という 事実です。
理由は   良き人達の生活集合体を   継続する事が   重要と考えているからです。
良き人達の集合体を継続する事は、計り知れない付加価値が生じます。
築古のマンションが、健全に営まれる為には、  築浅の近代マンションに比べ、
秀でるものが無いと、  太刀打ち  出来ません。   私の戦術の一つとして、
良き人達の集合体を  継続する事により、  計り知れない  付加価値を 生み出し
それにより、価値ある物件と  評価し  続けて  頂いて  おります。
2012年05月22日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ: ,

Comments are closed.