法人における人事異動・転勤の動向

法人における人事異動・転勤の動向                                                                                   借上社宅にシフトする企業が大半を占めているようです                                                                                                        (理由__社有社宅の「老朽化」を始め、「修繕費の増加」、「入居率の低下」といった問題が払拭出来ず割高になるためです)。

転勤の傾向

「家族帯同赴任」は減少傾向
「単身赴任」が増加傾向

       にあり、特に「単身赴任」は、年々増加しているようです。

企業の家賃規定

   ●単身赴任の範囲
家賃:5万5千円~7万円
面積:30㎡ 以下
間取りは1K~ 2DK まで
   ●ファミリー
家賃7万円~10万円
面積は70㎡ 以下
間取りは2LDK~3LDK

            ※企業により規定が異なります。

法人企業の動向について(企業における経費削減) __企業における経費削減は、予想以上です。                                                   ①退職者の社員補充は、新規採用ではなく、人材派遣からの派遣が多くなっているようです。                                                                ②オフィスの移転__坪単価が安いところへ移転が顕著になっています。                                                           ③企業にとって転勤は不可避ですが、経費を伴う転勤、人事異動は極力抑えるようになってきています。

2010年05月30日作成 カテゴリ: 新着情報, 転勤に関して(情報)
関連タグ:

Comments are closed.