新たな投資先を探す中国マネー

中国経済がどうなっているのか、そして、それが生み出す個人マネーはどう動いているのか?

大量の中国人が日本に来ているとのことです。彼らは団体で、東京・銀座や日本橋に現れては、ブランドものを大量買いしているそうです。
彼らはショッピングやレジャーを楽しんでいるだけではなく、高級マンション購入目的で来ている人が多いそうです。「中国では個人が土地を保有できないので、日本でマンションを買いたがるのです。六本木や麻布、白金などの億ションの物件に人気が集まっています」 ホテルやゴルフ場を買うために来ているリッチマンもいるそうです。1番人気は、北海道ともいわれています。それは、 「中国でも『冬ソナ』が大ヒットして雪の多い北海道への憧れが強いのです。

昨年、上海でタワーマンションが完売しましたが、1部屋40億円のペントハウスは、たちまち売れてしまいました。中国沿海部にはビジネスの成功者があふれているので、上場企業の買収も含めていくらでも買う人はいます」(外資系ファンド関係者)
「日本買い」は一層激しくなります。                                                                東京山の手線内がまずターゲットにされる事が予想つきますが、それだけで済まない様に感じて成りません。                                                      

全国で6都市目の総領事館設置となる新潟には、副総領事のほか産業担当の領事も置かれる予定と伺っており、今後の経済交流がさらに進むとともに、友好関係が一層深まっていくことが期待されます。 先遣隊の皆さんの総領事館開設準備が円滑に進むように、しっかりとサポートしていきたいと・・・                                                                                                           上記の文面は「新潟県知事ホームページ」を抜粋したものですが、                                                                        中国経済がどうなっているのか、そして、それが生み出す個人マネーはどう動いているのか?                                                     うがった見方をした場合  新潟の注目される地域も触手を伸ばす個人マネーがあるような気がしてなりません。 

 トリビア

2010年05月11日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ:

Comments are closed.