心にゆとり

たくさんお金を持つことと、幸せになる事は 別の事と感じています。
私だけが、そう思っているのでしょうか。
 
人の考える事は、人それぞれ違うので、私の考えのみで、述べさせて頂きます。
 
私は、不動産の賃貸・管理をする会社を立ち上げ、  賃貸経営業で収入を得ています。
この仕事、私自身が好きなことをやりながら、私のやり易い様に、ビジネスシステムを作り挙げています。
私のやり易いように創り挙げたシステムのため、異議を呈する人も中には居ますが、
基本的には、民主主義の流れの中において、何をすれば、大半が喜んでくれるかという
考えの基、行動をおこしています。
結果的には、入居者の殆どが、私の行いに対して、感謝の意を述べてくれるので、
住み良い住環境と感じてくれており、極めて高い定着率という好循環を繰り返しています。
 
好循環、不況の時代に、それなりの利益がついて回るということは、
自分の考えが的を射ていると自負しています。
ただ、私の労働を、他の人に行なわせれば、受けた人は、直ぐに音を上げます。
何故できるかというと、
私自身が、何の苦労も無く成功しているという、勘違いが大きな要因です。
「私自身、楽しい事しかしていないのに、・・・廻りから重労働をしているように見られているだけで、
私自身の中においては、全然、頑張っていない」 という不思議な感覚で過せるから、続く訳です。
好きなことをお金に変えているから、苦しくない、楽、 ・・・ゆとりをもてるのです。
 
私は10年ほど、営業マンをしていました。
その、勤めていた会社の社員教育が素晴らしく、一人前の営業マンとしてノウハウを頂、
転職しても営業で食って生ける程に、独り立ちさせて頂きました。
営業マンのノウハウがあるため、「さりげなく、えげつない」  とか、
良い言い方をすると  「さわやかな図々しさ」  なる戦略も容易に使いこなせます。
いろいろな人生経験が
好きな事を行ないながら、人の役にたち、お金にかえている、賃貸経営戦術を体得しました。
この賃貸経営業は、私にとって 天職 と受け止めています。
2012年02月10日作成 カテゴリ: 新着情報, 管理速報(日々)

Comments are closed.