健全な賃貸経営

健全な賃貸経営とは
空室はできるだけ少なく  ・・・・・・  出来れば? 9割を超える入居率を確保  したいな?
家賃をあまり 値下げすることなく  ・・・・・  とりあえず、 近隣相場並みの賃料を確保したいな?
家賃の滞納については   ・・・・・  あまり無いように  したいな?
この様な状況は  理想の  賃貸経営ですか?
空室を無くし  家賃を近隣相場より高くし   家賃滞納が0  の経営
この様な状況が、健全な賃貸経営ではないでしょうか? ・・・ 当たり前の事を、継続しませんか?
賃貸経営も  最後は 自分が得する 「 三手先 」 を読まなければ  なりません。
誰だって、勝ち組で   いたいと思うものです。
その為には、 手を深く正確に読む事が必要に   なる訳ですが、
自分が指す 一手目を、  自己流で解釈し、 最善手と 取る人が多すぎます。
賃貸経営は、人が介在するので、  必ず、 利害関係が発生します。
えてして、 オーナーは  強い立場に  居るもので、
相手の立場で   物事を考え  無いので、  ワンテンポ、遅れます。
利害が対立するときに、相手だったら  どうするかと  読むのことが、  下手です。
自分の  有利な  シナリオばかりを  想定するのでは  なく、
相手だったら   どんな条件を  要求する   だろうかと  考え、
相手の行動を  正確に  推理することが、
結局は  自分の利益に  繋がる物です。
自分の  利益を  一時的にせよ  忘れて、
相手の   利益を  想像して  みる事が、
結局は   自分の  利益に  繋がる物です。
2012年05月22日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ: ,

Comments are closed.