体内時計 その3

昨日・一昨日に続き体内時計のことを記載させて戴きます。

体内時計といいますが、日光などの強い光を見ると簡単にリセットされてしまいます。つまり朝、目が覚めて強い光を見た瞬間から体内時計が始まるのです。
24時間ではなく25時間であることは、工学的に考えれば大変優れた仕組みです。
機械時計ですら誤差がありますから、人間の体内時計もしょっちゅう狂うことでしょう。24時間の体内時計の場合には、23時間になってしまうかも知れません。
23時間の体内時計では、朝になって目が覚めるとまだ起床時間よりも早くなってしまいます。もう一回眠るか、起きていていても体に良くありません。

一方、25時間の体内時計であれば、誤差があってたまに早く起きたとしても大きな問題は生じません。朝起きれば必ずリセットされるので、実質的には24時間の体内時計と同じになるのですから。

体に負担のかからない、朝一番の習慣を継続することは、体の変調を和らげる効果もあり、体内時計と関わりの深い心筋梗塞などの予防につながる可能性も秘めているので、現在のわたしに必要不可欠の生活リズムです。でも、筋肉のリフレッシュを重視するときもあります。

2010年04月28日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ:

Comments are closed.