リノベーションの考え方 2

リノベーションを行なうからには、 入居者が部屋探しの際の 「絶対条件」 かつ 「これがあれば賃料が上っても良い」 という設備を充実させていかなければなりません。 その為に情報収集を行い、好まれる 間取に変更しなければなりません。 築古物件はリノベーションにより オリジナリティを創出し、 「 建ててから年数が経っているけど中ほぼ新築?  広々していてリーズナブル 」 と判断されるようにし、 築年数の壁を越え、投資に見合う成果を上げなければなりません。    

 

今日、転勤 ・結婚 ・その他の理由による 住み替え・転居で 需要の多い間取りを調べてみると 「 リビングとダイニングがある間取り 」  が人気を集めています。

理由は誰かと一緒にくつろいだり、食事をしたりする空間は、幸せを感じるポイントであることが判明したからです。 

一昔に建てられた集合住宅(50㎡の3DK住宅等)は敬遠去れ勝ちで、同じ広さなら部屋科数は少なくとも広めのユッタリした部屋造りが好まれているようです。  

また、今日の人気を集めている物件は、収納のスペースを確保(ウォークインクローゼット)し、防音性が比較的しっかりしている(RC ?) 物件だそうです。   

 

ライフコア笹口は この様な情報を取り入れ リノベーションを行っています。

 

Comments are closed.