ツイッター って何

140文字以内の文章を、受け取りたいと希望した人に送る──基本的にはそれだけのサービスですが、驚異的なほど短期間のうちに、ソーシャルネットワーキングや商業活動、選挙運動などさまざまな活動の要としての地位を確立せています。 
ツイッターほど原始的なサービスが、インターネットの永続的な柱になりうるでしょうか? たぶん、なるでしょう。

ツイッターを設計した人々は重要な決断を重ね、革新をユーザーに委ねる状況を作り出しました。                                                 常に自分の最新状況を発信すること。                                                                                        どこにいてもウェブサイトや携帯電話から、自分が何をしているかというメッセージを送信できるようにしたのです。
決定的だったのは、発言者とフォロワーの関係を非対称にすることです。                                                              双方が「友人」になる必要はなく、あらゆる意味で対等な立場になる必要もないわけです。                                                 それが強力な解放感になっています。
この決断がもたらした結果は予想外に大きく、友人とその他大勢の境界線が拭い去られました。

いまや、数えきれないほどの形でツイッターの価値を高めているみたいです(つぶやきを画像や動画とリンクさせるサービス、URL短縮サービス……)。

ツイッターの強みは言うまでもなく、サービスの特徴を日々形づくり再定義する人々が、すでに大勢いることです。                                       今後数年間、140文字ずつ明らかになっていく新たなストーリーです。

2010年05月27日作成 カテゴリ: 新着情報
関連タグ:

Comments are closed.